最新の芸能ニュースからあの噂まで…気になる芸能ネタを幅広くお届けします。

優木まおみの実家は中華料理屋で店名は光楽園!本名が中国人って本当?

00

マルチタレントとして番組の司会もこなす優木まおみさんですが、実家は中華料理屋さんを営んでいるそうですね。

店名は光楽園というそうですが、どんなお店なんでしょう?

また、なにやら優木さんの本名が判明したみたいで、在日中国人だとか言われているようです。

一体どんな名前なんでしょうね?

スポンサードリンク

実家は中華料理屋?店名は光楽園!

優木さんの地元は佐賀県佐賀市ですが、実家は中華料理屋さんをやっているそうですね。

高校生の時は優木さんも、両親の仕事を手伝うために厨房に立っていたそうですよ。

 

で、気になる店名なんですが「光楽園」といって、店内にはデビュー当時の写真などが沢山飾ってあるようです。

11

まさに優木さんのファンにはたまらないお店ですね。

 

ちなみに光楽園の住所やメニューなどは公式サイトがあったので、そっちを見たほうが判りやすいと思います。

皿うどんがお店の看板メニューのようですが、まおみ定食というメニューもありましたw

それに、サイトでは優木さんの父親と母親も登場していますよ。

光楽園 公式サイト

 

また、優木さんは芸能活動の他に、グリーンスムージーとリラクゼーションのお店を経営していたんですね。

 

店名はSMOORELA(スムリラ)といって、2013年9月から東京・代官山に出店。

2015年3月いっぱいで代官山の方は閉店して、新たに実家の光楽園と併設する形で営業しています。

13

代官山のお店の時はスムージーとマッサージだけでしたが、佐賀のお店は「ネイル」や「ヨガ」も加わってパワーアップしているようですよ。

 

そしてスムリラ佐賀店は、代官山店でもマッサージを担当していた優木さんの実の弟が店長をしています。

名前は貴博さんというそうですが、やっぱり美人なお姉さんの弟なのでイケメンですね。

14

 

ちなみに代官山店を閉店したのは、どうやら弟が結婚して故郷の佐賀に帰るためだったようです。

スムリラ公式ブログ 今までありがとうございました!

 

佐賀へ立ち寄った時には光楽園で皿うどんを堪能して、スムリラで優木さんの弟からマッサージを受けるというのもいいですね。

スポンサードリンク

本名が判明!?中国人なの?

優木さんは本名が非公開なんですね。

 

まぁ、芸能人で本名を公開していない人は山ほどいるので、別に驚くことでもないんですが・・・

ネットでは何やら優木さんの本名が判明したとかで、在日中国人なんじゃないかと言われているようです。

21

ということで、早速このことについて調べてみました!

 

まず、これは2015年現在でもWikipediaに記載してあるんですが・・・

優木さんの両親は、2人ともハーフなんだそうですね。

 

詳しく説明すると、父親が日本と中国のハーフ。

そして母親がロシアと中国のハーフなんだそうです。

 

なので優木さんは、

  • 中国が50%
  • ロシアが25%
  • 日本が25%

のクウォーターで、中国の血がやや濃い事が判りますね。

あの、少し日本人離れした美人な顔立ちは、おそらくロシアの影響を受けているんだと思います。

 

ちなみに中国とのクウォーターと言えば、俳優の野村周平さんもそうですよね。

22

野村周平は中国語がペラペラの在日!?

 

そして、ネットでも話題になっていた優木さんの本名ですが・・・

調べてみたところ「張真央美」で、読み方は「ちょう まおみ」だと言われている事が判りました。

 

また、産経デジタルが運営する「ZAKZAK」という大手ニュースサイトの2008年2月の記事で、本名は「張真央美」と書かれていたことを確認しました。

あれから7年以上経った現在もとくに修正されていないという事は、きっと本当の情報なんでしょうね。

 

で、肝心の優木さんは在日中国人なのか?ということですが・・・

ネットでは父親に日本の血が半分入っていることから、優木さんが生まれる前から帰化していて、国籍は日本だという意見が多いですね。

 

まぁ、優木さんは2013年に日本人と結婚しているので、もしそれまで中国籍だったとしても現在は完全に日本国籍でしょうけど・・・

 

ちなみに「まおみ(真央美)」という名前の由来なんですが、優木さんの父親が宝塚のトップスターだった大地真央さんの大ファンだったことで「真央」に「美」を足してこの名前になったそうです。

まぁ好みもあると思いますが、個人的には大地さんよりも美人だと思いますよー。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています↓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。