最新の芸能ニュースからあの噂まで…気になる芸能ネタを幅広くお届けします。

本上まなみは略奪結婚だったの!?旦那はだれで現在の自宅は京都?

00

過去にグラビアや女優としてドラマなどでも活躍していた本上まなみさん。

最近テレビであまり見かけませんが、2002年に結婚して子供もいるそうですね。

あんな美人さんを射止めた旦那さんて、いったい誰なんでしょうね?

なにやら略奪婚だったとかいう噂もあるようですが、これは本当なんでしょうか?

また現在、本上さん夫妻の自宅は京都にあるみたいですよ。

まぁ、京都と一言でいってもかなり広いですが、どこの場所に住んでいるんでしょうね?

スポンサードリンク

略奪婚だったってホント?旦那はだれで画像は?

本上さんは、2002年に結婚していて現在は子供が2人もいるんですね。

 

旦那さんは、こんな美人さんと結婚できるなんて羨ましい限りですが・・・

11

なにやら略奪婚だったというような噂もあるようです。

 

ということで、さっそく旦那さんの情報なども含め、この噂が本当なのか探ってみました。

 

まず、旦那さんが一体だれなのかということですが一般人みたいですね。

ただ一般人といっても、調べてみると芸能人ではないというだけ。

どうやら出版業界の人みたいですよ。

 

気になる旦那さんの名前は沢田康彦さん。

男性雑誌「BRUTUS」の編集者を経て、現在は「暮しの手帖』」という生活雑誌の編集長なんだそうです。

また、映画のプロデューサーなんかもやっているみたいですね。

 

画像もありました!

12

想像していた感じの人とは全く違ったんですが・・・

かなり優しそうな人ですね。

 

それとかなり年上っぽくみえますが、なんと18歳も年が離れているそうですよ。

きっと、本上さんは沢田さんの人柄に惹かれたんでしょうね。

 

そんな超歳の差夫婦が出会ったのは2010年頃。

沢田さんが主宰していた「猫又」という短歌の会だったそうですよ。

13

見かけによらず、中々シブい趣味を持っていたんですねー。

 

とまぁ、短歌がキッカケで出会った2人。

それから約2年半の交際を経て、2002年12月にゴールインしました。

 

で、いよいよ本題!

本上さんが略奪婚だったのかどうかという話なんですが・・・

調べてみると、沢田さんはバツイチなんですね。

 

前の嫁さんは小説家の蒔岡雪子さん。

14

この画像しか見つからなかったのですが、けっこう美人さんですよね。

そして沢田さんは、蒔岡さんと離婚した直後に本上さんと結婚したそうですよ。

 

ということは・・・・

 

本上さんは、沢田さんの離婚が成立する前から交際していたということになります。

いわゆる不倫てやつですね。

 

まぁ、なんで沢田さんと蒔岡さんが離婚したのか、理由を調べてもわからなかったのですが・・・

もし、本上さんとの交際が原因で離婚に至ったのなら完全に略奪婚ですね。

現在の自宅は京都?場所はどこ?

短歌という意外な趣味がキッカケで結ばれた本上さん夫妻。

結婚して10年間くらいは東京に住んでいましたが、現在の自宅は京都にあるそうですね。

 

なんでも、長女が小学校へ入学する前・・・

本上さんと沢田さんがお互い関西出身ということと、何より子供のことを考えて東京よりも自然の多い京都へ移住することを決めたとか。

ちなみに、本上さんには男女の子供がひとりずついます。

 

それと、2人の両親は今も関西に住んでいるので、色んな面で好都合という理由もあったようですよ。

東京に住んでいた時とは違って孫の顔もすぐに見れるので、両親にとっても京都移住は嬉しかったでしょうね。

21

 

また、なぜか本上さんの京都の自宅の場所を知りたいという人が意外と多いみたいですね。

 

もしかして、京都府の何市に住んでいるのか知りたいということでしょうか?

それとも完全な住所を知って、家を見に行こうとでも思ってるんでしょうか!?

まぁ、どう考えても上のほうだとは思いますが・・・

 

さすがに住所まではわかりませんが、本上さんは出町桝形商店街という場所によく立ち寄るらしいです。

そこで、この商店街のある場所を調べてみると京都市上京区。

22

近くに鴨川も流れていて、歴史的名所も沢山あるとても良い場所です。

なので、本上さん夫妻は京都市上京区内に住んでいる可能性は高いですね。

 

ということで、現在は自然豊かな京都で家族4人のんびり暮らしている本上さん。

最近テレビにはあまり出てないようですが、また昔みたいにドラマとかにも出演して欲しいですね!

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています↓

コメント

    • 匿名
    • 2016年 7月 28日

    前妻さんの苦しみは想像に絶するものがありますが、心やすらかに幸せでいて欲しいと願うばかりです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。