最新の芸能ニュースからあの噂まで…気になる芸能ネタを幅広くお届けします。

綾瀬はるかの天然がわざとらしい!?じつは計算された嘘キャラだった?

00

NHKの大河ドラマで主演に抜擢されるなど、今や日本を代表する女優としてドラマや映画で活躍している綾瀬はるかさん。

そんな綾瀬さんといえば、おっとりとした話し方が特徴の天然キャラとしても知られていますよね。

ですがこれまで、いかにも狙ったようなわざとらしい発言もあったみたいで・・・

あの天然は計算で演技している嘘キャラだという声もあるようですよ。

もしこれが本当だったとしたら、そうとう衝撃的ですが・・・

かなり気になったので、過去のエピソードなども含めて色々と調べてみました!

スポンサードリンク

あの天然ぶりは演技!?実は計算された嘘キャラだった?

2000年に開催されたホリプロのスカウトキャラバンで、審査員特別賞を受賞し芸能界入り!

現在は数々のドラマや映画で大活躍している女優の綾瀬さん。

11

 

そんな綾瀬さんといえば・・・

■中学校の頃に学年で一番脚が速かったという綾瀬はるか。
嵐の大野君に「100m何秒くらいだったんですか」と聞かれ、「うーん、、、7秒!」と答えた。

■切符を買おうとして、販売機にお札を入れようとしてもなかなか入らないのでよく見たら、お釣りの出口のとこにお札を入れていた。

■紅白歌合戦の中でのAKBへのコメントで、「キラキラしていますね…!衣装が!」と発言。

など、かなり面白いエピソードも沢山あって、世間では天然キャラとしても知られていますよね。

12

 

ですが・・・

ネットを見てみると、「あの天然は計算されて作られたもの」だという意見も結構あるようですね。

まぁもしこれが演技だったとしたら、それはそれでスゴいことだとは思いますが。

 

かなり気になったので、早速この噂の真相について調べてみたところ・・・

過去に、何度かわざと天然ぶっていると思われるようなことあったようですよ。

 

主だったものを挙げてみると、

■昔のインタビューで「子供は将来何人ほしいですか?」って聞かれて「2人!男男女で!」って答えてた。
そして割と最近、別のインタビューで同じ質問をされて、昔と全く同じボケを使って笑われてた。
むしろ突っ込まれる前に自分で笑ってた。

■大阪城ロケの時、お城を見ていた綾瀬さんが…
「堤さん、やっぱりお寺って奇麗ですね!!」
「えっ!? お寺?」「あっ間違えた! 神社でした!!」と言って、
その場の全員を凍り付かせた。

といった感じ。

 

とくにお城をお寺だとか神社って・・・

小学生でも間違えないですよね?

これはどう考えても、わざと言っていたとしか思えません。

13

 

やっぱり綾瀬さんは、今まで天然キャラを演じていたんでしょうか?

さらに詳しく調べてみたところ、実はもう一つ大きな理由があったんです!

スポンサードリンク

グラドル時代はサバサバ毒舌キャラだった?

綾瀬さんといえば日本を代表する女優として、多くのドラマや映画で活躍していますよね。

ですが、元々はグラビアアイドルとして芸能界にデビューしていたんです。

 

ちょっと信じられない感じがしますが、ネットにはその頃の画像が結構ありました。

21

グラビア画像はちょっと載せられませんが、デビュー当時は16歳くらいだったのでメチャクチャ若いですよね。

そして可愛いです。

 

で、話を戻しますが・・・

 

なんとグラドル時代は、今のようなおっとりとした話し方をする天然キャラではなく、

普通に早口のサバサバした毒舌キャラ

だったというんです!

これがもし本当だったら、明らかに今とは真逆だということになりますよね。

 

言葉だけでは過去の綾瀬さんがどんな感じだったのかよくわからないので、参考になるような動画を探してきました!

どうでした?

今の綾瀬さんからは想像すらできないほど強烈なキャラですよね。

 

ということは、やっぱり天然というのは・・・

 

ちなみに綾瀬さん自身は、自分のことを天然だとは思っていないようですよ。

23

 

とはいえ、もしも計算で演じているとしたら、いつまであのキャラで行くんでしょうね?

すでに30歳を超えているので、さすがにこのままではヤバいような気もするんですが・・・

 

ということで、現在は「恋人にしたいランキング」で1位を獲得するなど、特に男性からはかなりの人気を誇る綾瀬さん。

今後、キャラ変するのかどうか注目ですね!

綾瀬はるかの卒アルからスゴい本名が判明!実家は農家なの?

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています↓

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。